マンションで接続スピードが遅い原因はwifiのチャンネル争いだった

パソコントラブル

パソコンを買い替えたので、NTTのフレッツウイルスクリアをダウンロードしようとすると、Security_Setup_E.exeのダウンロードが途中で停止してしまいます。

NTTとはリモートサポートサービスの契約をしているので、早速電話してみました。

コールセンターのオペレータと会話するうちに、どうもwifiの接続スピードが極端に遅いことに気づきました。

オペレータから有線でのインターネット接続ができるか?と聞かれたのですが、自宅には予備のLANケーブルがありません。

結局、電話を2時間後に折り返してもらうことにして、自転車で近くのホームセンターに向かいます。レッツラゴー!

さて、ホームセンターから帰ってきて買ってきたLANケーブルで、パソコンとモデムを接続します。

ブラウザからダウンロードボタンを押すと、無事にフレッツウイルスクリアの設定ツールをダウンロードすることができました。

設定ツールを起動し、新しいパソコンにインストールしましたが、今度はログイン画面でつまづいてしまいました。

お客様IDとアクセスキーを入力しましたが、「入力されたお客様IDとアクセスキーではログインできません」のメッセージ。

お客様IDは先ほどNTTのリモートサービスに電話したときに確認しているので、アクセスキーが間違っている可能性が高いです。悶々としながら、先ほど約束したコールセンターからの電話を待ちます。

コーヒーを飲みながら待っていると、NTTリモートサービスから折り返しの電話がありました。

先ほどとは違う人で、落ち着いた声のトーンで感じのいい男性です。イライラも少し落ち着いたところで、今までの経緯を説明します。

結局、アクセスキーの入力が間違っていることがわかりました。

今まで使っていたパソコンのフレッツ・ウイルスクリアv6 申込・設定ツールを起動するとアクセスキーが表示されたので、これをiPhoneでパシャリと撮ります。

新しいパソコンのログイン画面に入力すると、正常にログインでき、ウイルスクリアの設定が完了しました。

オペレータの人にwifiの接続スピードが遅かった原因を聞いてみました。

自分のパソコンから見るとwifiの電波が7個飛んでいます。

そこで、この中からパソコンが自分の無線LANに接続する際、チャンネルを変えて電波を取りにいくのですが、自宅の外でも相手のルータがチャンネルを変えているので、取り合いした結果つながりにくくなるそうです。

こういう場合は、無線LANのルータを再起動することでチャンネルが変わり自分の電波が見えやすくなるそうです。なるほど、勉強になりました。

ということで、新しいパソコンでブログ運営を再開します。

スポンサードリンク