雑談が苦手な営業マン

飛び込み営業のコツ!法人編

こんにちは、jazz335です。

僕は雑談が苦手なんです。会社や家庭で他愛もない話が始まると、途端に居心地が悪くなり逃げ出したくなります。

営業のノウハウ本には「商品を売り込む前に、お客様と雑談をして人間関係を作れ」というようなことが書かれていますが、これが最大の難関です。

趣味の話しで盛り上がればいいのですが、釣りやゴルフ、スポーツ観戦といった一般的な話しにほとんど興味がないため、どうにも話題が見つかりません。

僕は70年代ロックとラーメンが好きなのですが、「ところでローリングストーンズはお好きですか?」と飛び込み営業先で聞くわけにもいきません。

きっと相手は返す言葉を無くしてしまうでしょう。あるいは「ラーメン二郎には行かれますか?」と受付の女性に聞けば、不審者を見る目をされるかもしれません。

なので、ルートセールスはかなり辛いと思います。

定期的に得意先へ通って、世間話をしながら仕事の話に入るというのは苦行です。

相手が話好きで、適当に相槌を打っていれば済むというならいいのですが。

つまり、飛び込み営業というスタイルは、僕みたいなタイプには案外合っているのかもしれません。

人間関係が苦手というのは、相手と関係を維持するのが苦手ということなので、初めて会った人に用意したトークスクリプトをしゃべるのはそれほど辛くないからです。

スポンサードリンク