最初に「検討しています」なんて言うから

飛び込み営業のコツ!法人編

こんにちは、jazz335です。

いまだに成約ゼロですが、今日も元気に飛び込みます。

さて、今日の訪問先は医療系のベンチャー企業です。

カタカナで長い名前なので、何回もリストの会社名を読み直しながら、受付の受話器をとります。

ちなみに、受付の電話には2つのタイプがあって、受話器をとると即つながるものと、受話器を上げて指定された番号を押すもの。今回は前者のタイプです。

受話器を取って相手がでてから、いつものセリフを喋ります。しばらくして出てきたのは、おとなしそうで少し気の弱そうなタイプの女性。

さて、今回も断られるぞー期待しない、期待しない。

と心に見えないバリアーを張ってから、用意したカタログを見せて、つかみのスクリプトを喋って様子を見ます。

いきなり断わる様子もないので、「こういった商品の検討はされていますか?」と聞くと「はい、検討しています」とのこと。

え、あ、いや、ホントデスカ?一瞬耳を疑いました。どうするの?こっちは真に受けるよ?

「えーと、それでは購入する取引先とかはお決まりですか?」と聞くと「特にありません」という返事。

と、ここまで書くと見込み客のような印象を受けるのですが、彼女の表情から読み取る限り、そういう感触が希薄です。

なんというか、無表情に近いけど、どこか弱気な感じなのです。

「では、5分くらいお時間いただけますか?」と聞くと「いえ、私の担当ではないので」とのこと。

「それでは、担当の方はいらっしゃいますか?」と聞くと「はい」と言っていったん奥に入ります。

しばらくして出てくると「担当が不在なので資料と名刺をお預かりします」とのこと。

ここにきて、ようやく定番のお断りフレーズが出てきました。

なんやねん、期待させといて結局それかいっ!と心の中で彼女に逆手ツッコミしながら、それでも少し食い下がって反応を見ます。

「あの、差し支えなければ担当者のお名前教えてもらえませんか?」

「あっ、佐藤部長(仮名)です」

おっ、言いよったなーそしたら電話番号ついでに聞いちゃおーっと。

「あ、そうですよね。」と彼女はまた奥に引っ込みます。そしてしばらくすると、「こちらから、お電話しますので」とお断りフレーズその2が出てきます。

気になる女子をデートに誘った帰り「また電話していい?」と聞いたら「うん、こっちから電話するね」と言って、待てど暮らせど連絡がないケース。

そうなんです。これは女子の相手を傷つけずにやんわり断わる鉄板フレーズなんですよね。

どうも、奥に佐藤部長(仮名)がいて、その都度彼女に指示を出している模様。

かわいそうだから、出てきて代わりに断ってあげればいいのに!

と佐藤部長(仮名)に心の中で毒付きながら、しかたなしに資料と名刺を渡して退散します。

ちなみに、受け取った名刺ってどうするんでしょうか?いきなりゴミ箱にポイでないことを祈りますが。

ねーカノジョー最初に「検討しています」ってイワナイデネ。

オジサンホンキニシチャウカラー

さて、本日も収穫なし。カフェでコーヒーでも飲んでから帰るか・・・

法人向けの飛び込み営業では、まず担当者と会話する必要があります。これについては下記の記事を参照願います。

飛び込み営業で受付突破できるアプローチ方法とは?

2019年6月29日

スポンサードリンク