新規訪問先で断られた後に呼びとめられる

飛び込み営業のコツ!法人編

こんにちは、jazz335です。
さて、今日もいつものように飛び込み営業です。1件、2件、3件と断られ続けた後の7件目。

飛び込みで訪問すると、99%は相手にイヤな顔をされます。

そして、出てくるのはほとんどが女性です。

もし、自分が若くてイケメンなら、と思うこともありますが、こればかりはどうしようもありません。

最初はめげそうになったこともありましたが、相手が出てくるまでの間「さあ、イヤな顔をした女性が出てくるぞ」と身構えると、精神的なダメージは少し軽減されるようです。

さて今回はどうか?インターフォンを鳴らして用件を伝えると、意外にも笑顔の女性がでてきました。

すかさず、いつものように訪問時のトークスクリプトをしゃべると、「うちはお取引きしている会社がありますので結構です(^_^)」と変わらぬ笑顔で気持ちよく断られました。

あーやっぱりダメか。まぁ、でも笑顔で応対してもらっただけもうけものか。

一礼してからエレベーターのボタンを押そうとすると、玄関から別の担当者が出てきました。「○×商会さんですよね?」

僕「え、うちの会社をご存知なんですか?」

男性「ええ、じつは取引前であまり詳しい事情は申し上げられないのですが」
と、どうも歯切れが悪い返事。

と、言いながらもよく喋るタイプの人で、うちとの関係について早口で話し出しました。

どうも他部署と内々で進めている案件のようです。

玄関先でうちの会社名を聞いて、依頼された仕事の件で訪問があったと勘違いしたか、追い返すのはまずいと判断したのか、追いかけてきたようです。

せっかくなので、名刺交換してこちらの商品の資料も渡し、先方が利用している商品の情報もヒアリングします。

ほんとうによく喋る人で、社内の利用状況や取引メーカーまで、色々な情報を教えてくれます。

ちょっと中でお話しできませんか?と聞くと、いやちょっと今はバタバタしてて、と入れてくれません。

喋りすぎたことに気づいて、少しブレーキをかけたのでしょうか?

最後は、先方が「こちらから、またご連絡しますので」とやんわり追い返されました。

むこうとしたら、むげにできないし面倒な人が来たなーという感じでしょうか。

翌朝、話しの流れから関係する部署の責任者に確認すると「いや、うちは知らないです」とのこと。

これは明らかにウソです。ということは、これ以上接触しないほうが無難そうです。

飛び込み営業は、ときに変な地雷をふむことがあるようです。

さて、相手との会話をスムーズにつなげるためのシンプルな方法があります。これについては下記の記事を参照願います。

訪問営業の会話術。相手との信頼関係を築くコツは?

2019年6月27日

スポンサードリンク