ブログ作成をWBSを使ってスケジュール管理する

未分類

こんにちは、jazz335です。

WBSとはWork Breakdown Structureの略で、プロジェクトを細かな作業に分解して管理するツールです。

僕はIT系の職場で働いているので、システム開発のプロジェクトではかならずこれを使います。

IT系に限らず、例えば自分がいくつかの仕事を受けていて、これを管理するときも使える非常に便利なツールです。

自分のタスクに対する実行計画とそれに対する進捗状況が簡単に見える化できるすぐれものです。

ちなみに「WBS作成君」で検索するとエクセルのVBAマクロで作成したフリーソフトがダウンロードできます。

ブログを量産する場合もこれを使わない手はありません。

ひとつひとつの作業の積み重ねから全体の流れを管理することで効率よくブログを更新することができます。

例えば半年間で時期をずらして3つのブログを立ち上げ、それぞれ50記事投稿する、という目標を立てたとします。

これに基づいて作業を分解していくと、ブログテーマの選定、新規ドメインの取得、テーマに関するキーワード選定、記事を書くためのネタ探し、記事の更新、ブログデザインの選定、広告の張り付け、などの大まかな作業が見えてきます。

これを3つのブログでそれぞれ平行して行うとなると、頭の中でスケジュールを管理するのは難しくなってきます。

複数のブログを立ち上げることをひとつのプロジェクトとしてとらえ、管理ツールを使えば全体の流れや進捗状況が見える化され、場合によってはクラウドソーシングで外注化することもできます。

また、複数のブログを平行して進めることで、それぞれの収益性の違いが明らかになり、収益性の高いブログに特化して作業を進める、といった方針転換もできるようになります。

できるだけ時間やお金といったコストを抑えながら、収益性の高いブログを運営するための道筋が見えてくれば、老後に備えた副業収入の基盤が確立されます。

 ブログで文字数の多い記事を書くにはどうすればいいか?については下記の記事を参照願います。

ブログ記事を3000文字以上書くときのポイント

2019年7月25日

スポンサードリンク