ブログ収入のリスクを分散させる

ブログ運営

こんにちは、jazz335です。

僕はリスクとかセキュリティに人一倍敏感なタイプなので、ブログを運営する際にもこれについて考えています。

このブログとは別に、初心者向けの投資信託について書いたブログを運営しているのですが、投資にはリスクがあるため常に資金分散することを心掛けています。

投資の有名な格言に「卵をひとつのカゴに盛るな」というものがあります。

原文は英語で” Don’t put all your eggs in one basket.”となります。

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合に、全部の卵が割れるリスクがあります。

これを複数のカゴに分けて盛ることで、そのうちの一つのカゴを落としてカゴの卵が割れてしまっても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということです。

つまり、特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという意味です。

ブログ収入についても同じようなことが言えると思います。

ましてや老後の年金生活に入ってから、ブログなど副業収入を生活費の足しにする場合はなおさらです。

どうやってリスクを分散させるか?

それでは、ブログ収入のリスクを分散させる方法について見ていきましょう。

収入源を分散する

ブログの収入源としては、グーグルアドセンス、Amazonや楽天などの物販アフィリエイト、ASPを使ったアフィリエイト、記事広告、月謝性の純広告などがあります。

これらはあくまでも企業が提供しているサービスなので、停止になればたちまち収入が途絶えてしまいます。

収入源を複数もつことで、ダメージを最小限に抑えることができます。

複数のブログを運営する

僕の場合、ひとつのブログでよく稼いでも1万円程度です。

稼げないブログは、月100円以下のものもあります。

ただし、この1万円が継続的に入ってくることはまずありません。

開設後2年目くらいでピークに達し、その後徐々に減っていき、ある程度下がったところで安定推移するケースがほとんどです。

ひとつのブログで収益が上がりだしたら、すかさず次に柱となるブログの構想を練ることで、トータルで安定した収入を得られるようになります。

僕は現在19個目のブログを開設したところですが、老後の生活に備えてまだまだ増やす予定です。

目標は100個ですが、これは10年くらいかけてじっくり取り組んでいきたいと考えています。

ブログで文字数の多い記事を書くにはどうすればいいか?については下記の記事を参照願います。

ブログ記事を3000文字以上書くときのポイント

2019年7月25日

スポンサードリンク